本で死ぬ

基本的には本の話。でもたまに別の話。

ビジネス

ヨッピーさんの本をとりあえず酷評しよう!~『明日クビになっても大丈夫!』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 明日クビになっても大丈夫! 作者: ヨッピー 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/09/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 売れっ子Webライター・ヨッピーさんの初著書。

「マンガでわかる系のビジネス書」のシナリオが単調で、絵柄がどれも似通っている理由~『マンガでわかる!マッキンゼー式ロジカルシンキング』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ) 作者: 赤羽雄二,大舞キリコ,星井博文 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2015/07/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る マッキンゼ…

アイディアを生み出す5つの簡単なステップ(簡単とは言っていない)~『アイデアのつくり方』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 アイデアのつくり方 作者: ジェームス W.ヤング,竹内均,今井茂雄 出版社/メーカー: CCCメディアハウス 発売日: 1988/04/08 メディア: 単行本 購入: 91人 クリック: 1,126回 この商品を含むブログ (378件) を見る アメリカ広告代理…

読まれる見出しを書くための10のガイドライン~『ある広告人の告白』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 ある広告人の告白[新版] 作者: デイヴィッド・オグルヴィ,山内あゆ子 出版社/メーカー: 海と月社 発売日: 2006/06/15 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 137回 この商品を含むブログ (29件) を見る 広告の神様、デイヴィッド・…

最近の売れてるビジネス書、実用書(2017年8月17日)

●取次や大手書店の売上データに個人的な感覚・好みをバイアスとして加えて選定 ●新書、文庫は含まない ●基本的には最近発売された新刊がメイン

中年の声なき声の代弁者~『平均的サラリーマンの最強の生き方』のレビュー~

先日こちらの本を読んだのだが、文字を目で追いながら、私は少なからぬカルチャーショックを受けた。 平均的サラリーマンの最強の生き方 なぜかうまくいってる人が大切にしている7つのこと 作者: チーム安部礼司+TOKYO FM 出版社/メーカー: マガジンハウス …

「は」と「が」の違い~『マジ文章書けないんだけど』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~ 作者: 前田安正 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2017/04/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 朝日新聞で校閲の仕事をした…

ぜひとも読みたいビジネス書15冊~『一流の人は、本のどこに線を引いているのか』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 一流の人は、本のどこに線を引いているのか 作者: 土井英司 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2016/10/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ビジネス書の書評家として有名な土井英司氏の「ビ…

売れるコンテンツを作るもっともシンプルな考え方~『どうすれば、売れるのか?』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 どうすれば、売れるのか?―――世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方 作者: 木暮太一 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/04/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る サイバーエージ…

午後の眠気は「気のせい」~『スタンフォード式 最高の睡眠』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 スタンフォード式 最高の睡眠 作者: 西野精治 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2017/02/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る スタンフォード大学で睡眠の研究をしている日本人が、睡眠のテク…

コピーライターには向かない人々~『最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法』のレビュー~

今回紹介する本はこちら。 最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法 作者: 中村禎 出版社/メーカー: 宣伝会議 発売日: 2017/02/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る コピーライターが書いた、相手に伝わる言葉を「選ぶ」ための思考法…

人は分類されたがる~『人生を変える習慣のつくり方』のレビュー~

実用書というやつのメインストリームは変遷がある。

「赤字は犯罪である」~『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』のレビュー~

ダイレクト出版という、書店を介さずに本を販売している出版社がありまして。

「仮説」とは「妄想」である~『ぼくらの仮説が世界をつくる』のレビュー~

最近はまた、PDCA系の本が流行っている。

考えが足りない人は言葉にできない~『「言葉にできる」は武器になる』のレビュー~

先日、とある編集者の会合に参加して「紙の書籍と電子書籍は食い合うか?」ということを話した。

アイデアの生み出し方~『アイデア大全』のレビュー

書店に行くとたまにめまいがする。

マーケティングとはなにか~『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』のレビュー

「マーケティング」というのは、わかるようでわからんような言葉である。

女の子をデートにうまく誘う方法~『「いい質問」が人を動かす』のレビュー~

実用書の場合、「何が書いてあるか」が大事なのはもちろんだが、それと同じくらい「誰が書いているか」が重要だ。

小説も「チームで書く」時代が来るかもしれない

ピクサーの名前を知らない人はあまりいないと思うが、じつはその設立にあのスティーブ・ジョブズが深くかかわっていたことはあまり知られていない気がする。

『マネー・ショート』が思ったよりもおもしろかった

先日、まったく意図しないところで映画を一本見た。 おもしろかったのでレビューを書いておく。

ニワトリを殺すな!

サターニャちゃんはかわいいなぁ!

『猿の部長』がSF小説としてもおもしろい

年賀状は出したことがない徒花です。 来年あたりから出すかもしれない。

年末年始はとりあえずこの本を読んどけ10選 2016年版(ビジネス・実用書・自己啓発編)

年の瀬も近づく今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

書籍編集者の生態について~『重版未定』のレビュー~

最近はすっかり本屋で本を買うことが少なくなった徒花です。

やる気をコントロールするいくつかの方法について~『スタンフォードの自分を変える教室』のレビュー~

編集者は書店に行くと、ほかの人が気にかけないものが気になる。

私が『プロブロガーとして生活する』と宣言すると、みんなが笑いました。でも1年後・・・!~『ザ・コピーライティング』のレビューなのだろうか~

最近、とある事情からセールスライティングの本を読んでいる徒花です。

そろそろ資産運用くらい始めとこうぜ~『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』~

東ハト 帰ってきた暴君ハバネロ 56g×12袋 出版社/メーカー: 東ハト メディア: 食品&飲料 購入: 5人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (2件) を見る 20歳後半になってから、「辛すぎるものを食べると翌日お尻が火を噴く症候群」を発祥するようになり、『暴…

中小企業で働く人は幸せだ~『魂の退社』~

原稿に赤字を入れるときに使っているのはZEBURAの「SARASA CLIP」0.5mmです。滑らかな書き心地で、しかも、適当なコンビニに行けば置いてあることが多いマーベラスな一品。 ゼブラ サラサクリップ0.5?赤?JJ15-R 出版社/メーカー: ゼブラ メディア: オフィス…

あなたの書くことに、だれも興味はない~『広告コピーってこう書くんだ!読本』~

コカ・コーラよりペプシ派の徒花です。ダイエットコーラ、好きだったんだけどな。。ちなみに今回はメチャクチャ長いので読み上げ動画を作ってみた。

編集者の生態~『編集者という病い』のレビュー~

書店に行くと憂鬱になる徒花です。ビジネス書とか実用書の平台を見ていると、「世の中にはこんなに売れている本がたくさんある。なぜ自分が作った本はここに置かれていないのだろう……」などという考えが去来し、テンションがダダ下がりする。(今回は長いで…