本で死ぬ ver2.0

基本的には本の話。でもたまに別の話。

『友だち幻想』(菅野仁・著)のレビュー

f:id:Ada_bana:20200621171156j:plain


私は友だちが多い方ではないです。

いまも付き合いがあるのは高校時代に1人、大学時代に2人の計3人でしょうか。

友だちの定義は難しいですし、男女によって差が出る気もしますが、私の場合は「なにも理由がなくても会える間柄」が基準かなと思っています。

実際、計3人と述べましたが、この3人とは定期的に連絡をとっているわけではありません。

LINEをするのも、年に数回くらい、実際に会うのは年に一度あるかないかくらいの頻度ですね。

ただ、どれだけ時間が空いてしまっても、気軽に「飯でもくおうぜ」と呼びかけられる関係性は、この年齢になるとなかなかありがたみを感じますね。

 

……と、友だちという関係についてこんなふうに妙にありがたみを感じてしまうのは自分がいつの間にかオジサンになってしまったからなのかもしれないですが、一方で友だちという関係について悩みを抱えている人もきっと少なくないわけで、そういう人にとってこの本はありがたい存在なのでしょう。

 

 

この本、初版は2008年ともう10年以上前ですが、2018年に日テレ系の番組「世界一受けたい授業」でピースの又吉さんが本書を紹介したことで人気に火が付き、25万部を突破したようです。

余談ですが、「世界一受けたい授業」はTBSの「王様のブランチ」と並んで、書籍をよく紹介してくれる出版業界にとってたいへんありがたい番組の一つであります。

 

さて、本書の帯には「『みんな仲良く』という重圧に苦しんでいる人へ」というコピーが大きく乗っていますので、読者対象としては小学生、中学生、高校生、大学生、あとはママ友との付き合いなどで問題を抱えているお母さんなどでしょうか。

 

じつは私自身は、率直に言えばそういう人の気持ちはよくわかりません。

というのも、学生時代からあまり友人関係を重視しない人間だったからです。

今でも覚えているのですが、中学時代、家が近くて一緒に下校する友人が1人いたのですが、私は「今日はなんか一人で帰りたい気分だから一人で帰らせてくれ」とつたえ、週に一度くらいは一人で帰っていました。

そんな失礼極まりない私に対して友人関係を続けてくれていた彼は、いま考えると大変広い心の持ち主だったと思います。

いかんせん当時はまだ携帯も持っていなかったので、いまでは彼と連絡がつかない状態ですが、いいやつでしたね。

そんな感じなので当然ながら団体行動はできず、部活は幽霊部員、大学に入ったサークルでもレアキャラ(前触れもなく現れてフッといなくなる奴)でした。

 

よく考えれば、書籍の編集者も、ぜんぜんチームプレーを必要としない職種ですね。

もちろん、ライターやデザイナー、イラストレーター、印刷会社の人など、関係する人々をまとめてディレクションする立場なのですが、いわゆるなれ合い的なものではなく、プロジェクトごとに関係がリセットされます。

企画を立てるのも、著者と交渉するのも、個人プレーばかりです。

著者の人たちともわりとビジネスライクでドライな付き合い方しかしないし、そもそもお酒が飲めないので、著者とお酒を飲みに行くということもせず、せいぜいたまにコーヒーをご一緒して雑談するくらいの関係性ですが、それで仕事は滞りなく行えています。

攻殻機動隊的な言い方をすれば「あるとすればスタンドプレーから生じるチームワークだけ」な感じですね。

 

今回のエントリーに関してはやたらと自分語りが多くなってしまいますが、とにかく私自身がこういう性格なので、じつのところを言えば本書で述べられている内容についてとくにこれといった感銘を受けたことはなくて、どちらかというと、普段自分が友だちという関係についてぼんやりと考えていることをいい感じで言語化してくれているなあと言ったような印象でした。

ピースの又吉さんもそうですが、おそらく読書家という人種は、本当に人間関係に困っていてこの本に救いを求めるというよりも、私のように本書の内容に納得感を抱く人が多いのではないでしょうか。

読書家という人たちには、なにしろ「本」という最高の友人がいるわけですしね。

 

さて本書の中身に入りましょう。

本書のキーワードとなるのは「並存性」というやつです。

現代社会においては、「気の合わない人」といっしょの時間や空間を過ごすという経験をせざるを得ない機会が多くなっているのです。だから「気の合わない人と一緒にいる作法」ということを真剣に考えなければならないと思います。そしてそれが、「並存性」というキーワードで私が表そうとしている中味です。

私たちはすべての人と友だちにならなくてもいいし、すべての人と良好な関係をつくる必要もありません。

ただ、そうはいっても気に食わないやつのそばにいなければならないことは多々あるので、そういう人たちとはうまく付き合う方法を学んだほうがいいということですね。

並存性というのは、「異なるものが同時に存在する」という意味です。

この並存性を日常で実践するのがどういうことかというと、つまり「やりすごす」ということです。

同じ空間にいても必要最低限のコミュニケーションしかとらない。

接触頻度をなるたけ減らす。

これが大事ということですね。

菅野先生は「態度保留」と称していますが、大人であれば、仕事上でお付き合いする多くの人がこの態度保留の関係性でお付き合いしているんじゃないでしょうか。

 

もうひとつ、本書のタイトルになっている「友だち幻想」とはなんでしょうか。

世の中には「この世には自分のことを百パーセント理解し、受け入れてくれる人がどこかにいるはずだ」と考えている人がいるようです。

これは幻想であり、そんなものは存在しないと菅野先生は言います。

自分の考え、価値観が百パーセント共有できる人間がいたとしたら、それはもはや他者ではなく、自分の分身であるということです。

友だちのみならず、恋愛や親子関係でもこうした幻想を持ちやすいものですが、恋人であろうが親子であろうが、人間としては赤の他人であるわけですから、そもそもこういう幻想を抱かないようにするだけで一気に生きやすくなるということですね。

内容は少し抽象的なところも多いですが、適度にイラストもまじり、平易な言葉で書かれています。

もともと本をよく読む人には益の少なめな本かもしれないですが、人間カン家に振り回されてしまうことが多いのであれば、大いに学びになる一冊です。

 

 

後記

LINEマンガで無料だったのでこちらのマンガを2巻まで読んでみました。

 

 

海の底で魚たちと幸せに暮らしていた人魚姫のエラ。ある日、仲間の魚・鰹男が人間に捕まったということで助けに地上へ上がります。

しかし、居酒屋で見つけたのはかつての友の変わり果てた(料理された)姿。

その無残な光景に人魚姫は帰ろうとしますが、そこで隣の席にいた飲兵衛がもらした「(料理されたのに食べてもらえないなんて)これじゃあ釣られたカツオも成仏できねぇな」という一言でエラは意を決してカツオのたたきを口にします。

その瞬間、エラはあまりの美味しさに感動。それから、いろいろな展開で仲間の魚たちを食べてしまうという異色の罪悪ファンタジーグルメマンガなのです。

とはいえ、展開だけでいえば、もう最近はありとあらゆるグルメマンガが登場していますから驚きはあまりありません。

エラが食事をするときにちょっとエロく見せるのも、「食戟のソーマ」で慣れてます。

この作品で個人的におもしろかったのは、好きあらば突っ込んでくる小ネタというかパロディですね。

ありとあらゆるマンガ、アニメ、ゲーム、テレビ番組やドラマなど、気づかないとスルーしてしまうようなところにネタが仕込まれています。

意外とそういうグルメマンガはなかったような気がするので、なかなか楽しめました。

 

今回はこんなところで。

それでは、お粗末さまでした。

『メインテーマは殺人』(アンソニー・ホロヴィッツ著)のレビュー

f:id:Ada_bana:20200614091105j:plain


小説を読んでいて「すごいなぁ」と著者の筆力に感嘆することはよくあるのですが、私がとくに感心するのは「イヤなキャラクター」の描き方がうまいときです。

物語の場合、主人公の敵役とは別に、なんだか気に食わない、まじでこんな奴がそばにいたらイライラするな……というキャラクターが出てくるとすごくいいアクセントになりますよね。

ハリー・ポッターシリーズでいうとこのスネイプ先生みたいな感じというと、わかりやすいでしょうか。

料理の味付けにちょっとした苦味があると深みが出るように、嫌なキャラクターがいると物語に奥行きが出てくるように思います。

 

で、今回紹介するこちらの本。

 

ミステリーとしてのクオリティも最高だったのですが、人物の描き方が秀逸でした。

あらすじはこんな感じです。

 

自らの葬儀の手配をしたまさにその日、資産家の老婦人は絞殺された。彼女は、自分が殺されると知っていたのか? 作家のわたし、ホロヴィッツはドラマの脚本執筆で知り合った元刑事ホーソーンから、この奇妙な事件を操作する自分を本にしないかと誘われる……。自らをワトソン役に配した、謎解きの魅力全開の犯人当てミステリ!

 

著者のスティーブン・ホロヴィッツは『カササギ殺人事件』が日本国内のミステリアワードを総なめにした話題作となりました。

こちらも気になって読もうかと思っていたのですが、『カササギ殺人事件』は上下巻なので、とりあえず1冊で完結しているこちらから読んでみようと思った次第です。

 

 

本作はもちろんフィクションですが、著者本人がワトソン役として登場し、この著者が実際に今現在やっていそうな仕事の話を交えながら物語を進めるので、どこからどこまでがリアルで、どこからがフィクションなのかその境界線が最初は曖昧になりがちです。それが著者の狙いでもあります。

 

なにしろ、『タンタンの冒険』の続編映画の脚本を書くことになり、そのためにスティーブン・スピルバーグと話をするというシーンすらあります。

ホロヴィッツが『タンタンの冒険2』にかかわっていたのは事実であったようです。実現はいまのところ、していないようですが。

www.bbc.com

 

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 (字幕版)

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

で、探偵役のホーソーン

もともと敏腕の警察官だったのですが、現在は警察の顧問警察として、警察とは別行動でいろいろな事件を捜査している人物です。

ホロヴィッツとはとあるドラマの『インジャスティス 法と正義の間で』で、できるだけ不愉快な刑事役のモデルとして協力してもらったことが縁と語られます。

(このドラマも実在します)

 

まあ、このホーソーンが超絶嫌なやつなわけです。

もちろん、古今東西、名探偵といえば常人離れした感覚の持ち主で、いまでいえば発達障害と言われてしまいそうな人達もいるわけですが、多くの場合、それでも憎めないキャラクターに仕上げられていることが多いなか、このホーソーンはほんとに嫌な奴です。

本作における探偵役なのでずば抜けた観察力と推理力を持っているのですが、とにかく独善的で自己中心的、横暴、そしてこれが極め付きですが、差別的な言動を繰り返します。

たとえば冒頭でのホロヴィッツホーソーンの会話。

そもそも、不可解な事件をホロヴィッツに持ち込んで、それをワトソン役として書き留めて小説として発表し、自分にも分け前をよこせと提案してくるのはホーソーンのほうなのですが、彼は自分のプライベートや過去について語るのは嫌だと断言します。

ちょっと引用しましょう。

 

「どうしてまた、きみの話なんかを読みたがる人間がいると思うんだ?」

「おれは刑事だからな。世の中の人間は、刑事の話を読みたがるもんじゃないか」

「だが、正式な刑事じゃない。きみは首になったんだろう。そもそも、いったいどうして首にされたんだ?」

「その話はしたくないんでね」

「なるほど。だが、きみの話を書くとなったら、それについても話してもらうことになる。きみがどこに住んでいるのか、結婚はしているのか、朝は何を食べたのか、休日は何をしているのか、そんなことも。人々が殺人事件の話を読みたがるのは、こういうことに興味があるからだよ」

「あんたはそう思ってるのか?」

「ああ、そうだ!」

ホーソーンは頭を振った。「おれはそうは思わんね。主題(メインテーマ)となるのは殺人だ。重要なのはそこなんだよ」

 

このあとも紆余曲折あって、結局ホロヴィッツはこの提案を受け入れることになるのですが、ホーソーンはその後もホロヴィッツの書いた文章にケチをつけたりしてきて、なかなかのイヤなやつっぷりを発揮します。

探偵役がイヤなやつ(というか一癖も二癖もある)のはよくありますが、ホームズ役とワトソン役がこんなにもギクシャクした関係で物語が進むパターンもなかなか珍しいんじゃないでしょうか。

 

もちろん本作、ミステリーの部分も一級です。

最初に引用した紹介文でも書かれていますが、本作はトリック云々というよりも、「誰が犯人なのか」を読者が予想しながら読み進めるフーダニットのおもしろさがあります

犯人の意外性もバッチリ。

たいへん、楽しめるミステリーでした。

 

 

後記

先日、最近の売れ筋マンガをまとめたエントリーを書いたのですが、

 

ada-bana.hatenablog.com

 

いくつかのマンガはAmazonで1巻無料だったので読んでみました。

抜群におもしろかったのは「アシガール」ですね。

 

アシガール 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
 

 

脚が速いことしか取り柄のない女子高生が弟の発明したマシンに酔って戦国時代にタイムスリップし、そこで出会ったイケメン若君を振り向かせるため、戦で活躍しようとするSFラブコメディです。

とにかく主人公がアホの子すぎて行動に突拍子もないし、弟が逆にハイスペック過ぎて突っ込みどころが満載なのですが、あっさり軽やかなギャグがまんべんなく散りばめられていて、笑いながら読めます。

知らなかったのですが、映像化もされていたみたいですね。

NHKのドラマのようです。

 

アシガール DVD BOX

アシガール DVD BOX

  • 発売日: 2018/06/02
  • メディア: DVD
 

 

今回はこんなところで。

それでは、お粗末さまでした。

『R62号の発明・鉛の卵』のレビュー

f:id:Ada_bana:20200614001424j:plain


私はたまーに、暇だと土日などに開催されている読書会に参加したりします。

この本は以前(というか数年前)の読書会でだれかが紹介していたのをメモって脳内の「いつか読もうリスト」に入れていたのですが、ふいに思い出したので購入し、読みました。

 

本というのは、どういうタイミングで読むかによって感想が左右される気がします。

よほどの名作なら別ですが、やっぱり気分がいいときに読んだ本は高評価になりやすいし、なにかストレスが溜まっているときに読んだ本は低評価になりやすいような気がします。

これは人間であれば仕方がないことですね。

 

私は読んだ本をとりあえず読書メーターに記録して、それからしばらく時間をおいてから、ブログにレビューを書きます。

不思議なことに、ブログを書くためにパラパラとめくっていたりすると、読み終えた直後とは違う感想が湧いてきたりするものです。

よくあるのは、「読んだ直後はクソおもしろかったのでブログでガッツリレビューを書こうと思ったけど、いざ書き始めたら意外と書くことがなかった」というパターンですね。

このパターンで、ずっと下書きのままになっているブログ記事がけっこうあります。

念のために下書きは残していますが、おそらくこの下書きたちが清書されて公開されることはないでしょう。

 

さて今回紹介するこちらの本ですが、

 

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

 

 

この本を読む直前、私は高橋源一郎氏の『ジョン・レノン対火星人』を読んでいました(「読んでいた」というか、まったくわからないままページをめくっていました)。

 

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)

 

 

ジョン・レノン対火星人』はまったくもって支離滅裂で、意味がわかなかったのですが、とにかく私のなかで比較対象となったのが直近の『ジョン・レノン対火星人』だったわけです

そのため、「あれと比べればメチャクチャわかりやすい作品だ!」と『R62号の発明』を読んだ直後は思ったものですが、さてこの記事を書くためにもういちどサラッと読み返してみると、意味がわかるようでわからん作品ばかりだったのでどうしようかと思っています。

 

安部公房と言えば、読書家の方なら名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

代表作は『砂の女』です。

 

砂の女 (新潮文庫)

砂の女 (新潮文庫)

 

 

砂の女』はあらすじを説明すると

とある男が砂だらけ村にあるの穴の中に、閉じ込められ、そこに一人で暮らしていた女と一緒に生活せざるを得なくなり、男はなんとか脱出して逃げ出そうと試みるのですが、それができないことを悟り、女との間に子どもができて、逃げ出そうという気持ちがなくなってしまいましたとさ

という物語です。

高校生の時に読んだ記憶があります。

 

当時はなんかよくわからん話だなあと思いましたが、この年齢になってもう一度読んでみたら、なにかまた新しい感想が思い浮かぶかもしれません。そのうち読んでみようかなと考えています。

 

話をもとに戻しましょう。

読書会で『R62合の発明・鉛の卵』を紹介されたとき、私が興味を惹かれたのは表題作の片割れである『鉛の卵』でした。

んで、実際に読んでみて、最後に収録されている『鉛の卵』は傑作でした。

『鉛の卵』はこういう物語です。

 

80万年後の世界で、炭鉱から「鉛の卵」が発見される。クラレント式恒久冬眠箱と書かれたその箱は、選ばれた学者をコールドスリープ状態にして未来に送るものだったのだが、何かの手違いで惹かれる予定を大幅に超えてしまったようだった。

目が冷めた男は緑色の肌をした人間たちに驚く。人間は体に葉緑素を取り込み、食べ物を摂取することなく、奴隷族たちに労働をさせて自分たちは遊び呆けるという暮らしをしていたのだ。彼らの社会に驚く男だったが、やがて空腹になり、食事がしたいとお願いした。その瞬間、有効的だった彼らは「食事という下品な行為」をしなくてはならない男を奴隷たちの世界に追放することに決めたのだった……

 

砂の女』とはうってかわって、バリバリSFですね。

星新一ショートショートに近いような作風でした(星新一よりはちょっとアンニュイで退廃的な雰囲気が全体的にありますが)。

このあとはネタバレになるので、結末はぜひ読んでみてください。

 

残りの収録作品も、簡単に紹介しておきましょう。

 

『R62号の発明』

自殺しようとした男が謎の男に誘われ、人体改造を受けてロボットにされてしまうという物語です。

けっこうグロいです。

ただ、最後の最後がなにがいいたかったのか、よくわかりませんでした。

これは、執筆された昭和28年当時のロボティクスのイメージと重ね合わせないとよく理解できないのかもしれませn。

 

『パニック』

失業した男がパニック商事の求人係を名乗る男・Kから「働かないか」と誘いを受ける。しかしその晩、しこたま酒を飲んで意識を失ったあと、Kは殺されていた。怖くなった男は逃走を試みるという話です。

こちらはまあまあオチがわかりやすいですね。

いろいろブラックな物語です。

 

『犬』

美術系の研究所?に勤めている男が犬を買っている女性と結婚するのだけど、その犬が不気味すぎるという物語です。

男の屈折した感情も不思議なのですが、本当の不思議は物語の終盤あたりから一気に始まります。

不条理です。でも、なんとなく意味はわかります。

 

『変形の記録』

戦争のさなか、トラックに轢き殺されて魂のみの存在になった男が「魂視点」から兵隊たちの行動を描写するという物語。

やがて少尉も死んで魂の存在になり、主人公には連れができます。

これは殺伐としているのに、どこかユーモラスで笑けてしまうような物語ですね。

 

『死んだ娘が歌った……』

金のない両親により、工場勤めから売春宿に売られた女の子が自殺して魂だけの存在になり、自分の境遇を振り返るという物語。

シチュエーション的には『変形の記録』と似てますが、こちらのほうは夢野久作的な雰囲気がありますね。ギャグもありません

 

『盲腸』

ある新学説の研究の一環として、自分の盲腸に羊の盲腸を移植された男の物語です。

『R62号の発明』のように、体を改造されたことで精神的にも変調をきたした男の物語なのですが、こちらは肉体的にはもとに戻ります。

ただ、メンタル面は不可逆的なもののようです。

 

『棒』

子守の最中、デパートの屋上から墜落した男が墜落した途中で一本の棒になって地面に突き刺さり、学校の先生風の男と生徒に拾われていろいろ分析されるという不条理な物語です。

本書の物語は全体的に、人間がロボットになったり霊になったりヤギの盲腸を取り付けられたりと、人間から変質させられることにより、人間という存在を客観視しているようです。

 

『人肉食用反対陳情団と三人の紳士たち』

くらいの高い人間だけが人間の肉を食べることを許された社会で、人肉食反対を訴える人々と貴族的な階級のひとたちの話し合いの様子を描いた物語。

最初っから最後まで噛み合わない話し合いはなんともブラック味あふれますね。

本書のなかではかなりわかりやすい話です。

 

『鍵』

食を世話してもらおうと叔父を頼ってきた主人公だったが、鍵の研究をしている叔父はひねくれた性格の持ち主で、重要な発明をしているために家に閉じこもり、真実を見抜く力を見抜く娘で主人公を尋問する。会社の人間によると、叔父はあらゆる鍵を開ける万能鍵を開発したらしい……と言う物語。

物語の構造自体はそんなに複雑じゃないけれど、これもいまいち何を言いたかったのかよくわからない作品だった。

 

 『耳の値段』

理由もわからないまま警察に捕まって勾留された、学費の支払いが滞っている大学生が、ひょんなことから知り合った学友とともに六法全書と耳を頼りになんとか金を稼ごうと悪戦苦闘する物語。

わかるようなわからんような、シュールでちょっと笑える感じの物語。

 

『鏡と呼子

とある田舎の学校に赴任してきた教師が住まわせてもらうことになった家の人物は、望遠鏡で毎日村人たちの行動を観察することだった。閉塞感のある村の生活のなかで、教師は改革者としての役割を期待されるが……。

いま改めて読み直してみると、これが一番『砂の女』と構造的に似ているかも知れないですね。

わかりにくいけど。

 

 

総括になりますが、全体として、やっぱりけっこう読みづらいです。

いわゆる不条理文学系で、時系列と言うか、話の流れがつかみにくい構造のものが多いので、けっこう丹念に読んでいかないと状況がまったく理解できなくなります。

そういうのを楽しむ心の余裕があるときに読んだほうがいいかもしれないですね。

 

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

R62号の発明・鉛の卵 (新潮文庫)

 

 

 

後記

先日、「コロナでヒマすぎるからオススメの小説を教えてくれ」と請われ、短編集やら長編やらいろいろ勧めたのですが、彼いわく、「短編小説は読みにくい」ということを言われました。

これは私にとってちょっと不思議なことでした。

私なんかの感覚だと、短編集ですぐに読み終えられる話のほうが、普段あまり本を読まない人にはいいのではないかと考えたのです。

しかし、これは間違いでした。

それは「没入感」というキーワードで理解できました。

 

ビジネス書などでも最近はストーリー形式にしたものが増えています。

そのほうが話がわかりやすくなるだろうという狙いもあるのですが、しかし、一概にそうとも言い切れません。

たとえば最近私が購入したこちらの本ですが、

 

脳が老いない世界一シンプルな方法

脳が老いない世界一シンプルな方法

  • 作者:久賀谷 亮
  • 発売日: 2018/09/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

こんな装丁のくせに中身は結構ガッツリした小説スタイルで、びっくりしました。

というか、「そういう心づもり」で読もうとしていなかったので、いきなり物語が始まってしまったことで脳が拒絶反応を起こしてしまい、いまだに全然読み進められていないのです。

 

そうなのです。

小説といわゆるビジネス書とかノンフィクション系の本では、読むにあたって読者に求められる姿勢が変わってくると思うんですよね。

そして小説というのは、最初にのめり込むハードルがノンフィクション系よりも高い気がします。

ビジネス書は最初から読者のために読みやすく書かれていることが多いですが、小説の場合は、演出や世界観を重視するがために、ちょっと不親切なことも多いからです。

しかしその分、いったん物語の前提条件や大まかな話の流れが把握できれば、小説のほうがぐっとページを早く読み進められることもあります。

この「没入感は強いが、入りにくい」というのが、小説のメリットであり、デメリットである部分でもあると思います。

 

それでいうと短編集というのは、たしかに一つ一つの話は短いかもしれないけど、それぞれ関連性のない、独立した別個の世界の物語であるわけですが、読み始めるごとに、その物語がどういう世界なのか、どういう主人公なのかなどを読者は探りながら読み進めなければなりません。

それは、小説を読み慣れている人にとってはそんなに労しないことなのですが、小説を読むことになれていない人にとってはしんどいことなのです。

逆に長編小説の場合、たしかに最後まで読むのに時間はかかるかもしれないけど、ずっと同じ流れで物語が進んでいくわけですから、一度状況を把握できさえすれば、最後まで読み進めるのは、短編集よりも心理的に楽な側面が大きいと言えるのです。

これこそ、友人が「短編小説は読みにくい」といった原因だと思います。

ひとつ勉強になりました。

 

今回はこんなところで。

それでは、お粗末さまでした。

『知的生活の方法』(渡部昇一・著)のレビュー

f:id:Ada_bana:20200607230334j:plain


私の家には小さい本棚しかなくて、せいぜい100冊くらいしか収納できません。

ですので、必然的に溢れてしまった本は本棚の上に横に積んでおいたり、ダンボールに入れてしまっておいたりします。

たまに整理して、いらない本は処分したり、実家にお繰り返したりしています。

たなにきちんと刺されている本は、いわば私の「一軍の本」ともいえますね。

 

コロナの時期に暇だったので、そうした本の整理をしていたのですが、本を作る立場の編集者として思うのは、「棚に置かれ続ける本を作りたいな」ということでした。

最近はいらない本はブックオフに持っていくよりもメルカリに出品します。

メルカリでは、新しい本もたくさん出品されています。

ゲームソフトなどもそうですが、「新品で定価で手に入れる→さっさと読んで価値が落ちないうちにメルカリで売る」というサイクルを持っている人も多いんじゃないでしょうか。

私はそれが悪いとは思いません。

世の中には「そういう作り方」をしている本もたくさんあるからです。

一度読んだら、もう二度目は読まないなという本です。

 

先日、とある実用書系の編集者の方の話を聞いていて、「本をつくるときは『効果』と『効用』を考える」と述べていました。

ビジネス書や実用書は、何かしら悩みや問題を抱えている人が、それを解決・緩和するために読むものですから、そういう考え方、作り方は至極まっとうだし、読者のことをしっかり考えてつくっているということです。

これは薬に似ていますよね。

頭痛止めは頭が痛い人が飲むと痛みが楽になるものだし、湿布は肩こりや腰痛で苦しい人が楽になるものです。

ただ、本を薬のようなもの……つまり問題解決の手段としてとらえると、いつまでも本棚に置かれる本にはなりにくいような気がするのです。

たしか伊集院静さんの言葉だったかと思いますが「すぐ役立つものはすぐに役に立たなくなる。」というのも言われています。

(ここで間違えてはいけないのは、「だからといってすぐ役立つものはいらない」というわけではないことです。どうしても頭がいたいときにすぐ痛みを鎮めてくれる頭痛止めは本当に助かるものですしね)

 

今回紹介する本は、その意味では「すぐ役立たない本」といえるかもしれません。

 

知的生活の方法 (講談社現代新書)

知的生活の方法 (講談社現代新書)

 

  

本書は1976年に刊行され、118万部のベストセラーになった本です。

ちなみに、昔の本なので仕方ないですが、かなり本文の級数(文字の大きさ)が小さいです。

老眼の方は紙の本より電子書籍のほうが読みやすいかもしれませんね。

 

「知的生活」というのは、じつは本書の中で厳密に定義されているわけではありませんが、本書自体はP・G・ハマトンの『知的生活』にならい、著者の体験をベースに読書を日常生活の一部にするための手法についてまとめられた一冊です。

 

知的生活 (講談社学術文庫)
 

 

まあ今風に言えば「読書術」の本だと考えてもらえばいいでしょう。

本とどのように向き合うべきか、そのことについて書かれています。

そしてその内容のほとんどが、50年以上前に刊行されたとは思えないほど、現代にも当てはまるアドバイスばかりで、腑に落ちるものばかりです。

これは本棚につねに置いておきたい一冊ですね。

ここでは、その一部を紹介していきます。

 

勉強を手段にしてはいけない

いま、子供のときから受験、受験でむずかしい大学に入っても、目標がなくなったら、パッタリと勉強をやめる人が多くなるのではないか、と危ぶまれるものである。

(中略)

昔から日本人は学校を出ると本を読まないが、それに反して外国人はガリ勉はしないが、大人になっても本を読みつづける、といわれてきたものである。どうも残念ながらこれは相当程度ほんとうらしいのだ。

これは読書でもそうですね。

なにか目的を持って本を読み、知識を得るのも悪くはないですが、特に目的もなく、学ぶことそのものを楽しみにして本を読んだほうが良いようには思います。

 

わからないことは「わからない」と言いなさい

大学に入って最初の夏休みに、漱石の『草枕』を読みはじめた。たいして厚い本ではないからすぐ読み終えることができるはずであったが、ついに読み通さないでやめてしまった。『草枕』のような薄い本さえ通読できなかったのだから、ほかの長い小説に手を出すわけはない。その後、何度か『草枕』に手を出したが、そのつど、数ページを読んでやめている。私は漱石の小説も小説だと考えていた。小説は次のページをめくるのが待ちきれないほどおもしろいはずだ、ということを少年講談や捕物帖から知っていたので、僧籍を読むために「意志」を使わなかった。「意志」で本を読むのは、「学問の本」だけで十分だ、と思っていたのである。

その後、渡部先生は教育実習で神楽坂の高校に通うことになり、古い東京の町並みに親近感を覚えるようになります。

漱石は東京生まれの東京育ちのインテリです。

つまり、渡部先生は自分がそのような境遇に近づいてきたことで、ようやく漱石の登場人物たちの言うことのおもしろさがわかるようになり、漱石の本を楽しんで読めるようになったということなのです。

ちなみに私は未だに村上春樹のおもしろさがよくわかっていません。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』なんかは何回かチャレンジしているのですが、いまだに最後まで読みきれずに終わっています。

かつて一冊だけ読み切った『海辺のカフカ』も、けっきょくよくわからんかったです。

 

本は読むのに適したタイミングがありますし、その人にあったレベルのものがあると思います。

それがマッチしてないと、読んでいて楽しくないと思うのです。

わかっていないことをわかったふりをしたりしていると、結局、読書が楽しくなくなってしまうということなんですね。

 

同じ本を繰り返し読む

渡部先生は幼少時代、家に遊びに来た友人に本を貸すとき、驚いたことがあると言います。

とある友人が本を見て、次のように言ったのです。

「これはもう前に読んだことが会ったような気もするし、まだ読んだことがないような気もするし……」

 

これを聞いて私はほんとうにびっくりした。

(中略)

なぜ私がそんなに驚いたかというと、一度読んだかどうかよくわからない『少年倶楽部』を、ひょっとしたら読んだことがあるかも知れないという怖れから、すぐ借りないと言うが、どうしても不可解だったからである。

(中略)

一度読んだ本を読み返すのは、そんなに損することなのだろうか。そのときにはじめて、自分と違う読み方のあることを眼のあたりに見た気がしたのである。

それまでの私にとって、本は繰りかえして読むものだということは、ご飯は噛んで食べるものだというくらい当然のこと、自明のことだったのである。

 

これは私もあまり同じ本を繰り返して読まないタイプなので恥ずかしいんですが、読書家であればあるほど、「どれだけたくさんの種類の本を読んだか」というのを意識しすぎてしまうことがあると思います。

私もやっぱり、読書メーターで先月の読書量をまとめたりすると、「先月はたくさん読んだな」という満足感を得てしまったりするわけです。

あと10~20代くらいの若い人だと「年間○冊読みます」などというのをSNSの自己紹介のところに書いてあることがあったりしますね。

 

たくさんの種類の本を読むのが悪いわけじゃないです。

外山滋比古先生も、乱読の重要性については主張してますしね。

 

乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)

乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)

 

 

ただ、手段が目的化するのはやっぱり良くないし、メルカリで売りたいからと新品の本を早く読み終わってサクッと出品してしまうのはどうなんだろうかと。

渡部先生は「精読重視派」なのです。

 

本は買って、手元においておきなさい

「蔵書」のことを英語でライブラリイ、ドイツ語とフランス語でビブリオテークと言う。しかしライブラリイにもビブリオテークにも同時に「図書館」あるいは「書斎」という意味がある。個人の「蔵書(ライブラリイ)」はいくら小さくても、その人の「図書館(ライブラリイ)」なのである。六畳一間の下宿生活でも、その三方に身銭を切って集めた本があれば、それはライブラリイであると観ずべきである。

(中略)

現代のように本に多い時代に生きながらも、「読んでよかったなあ」とほんとうに思える本にめぐり会うことはめったにない。そういうことがあれば、まったく天の祝福である。ところが本というのは読んでみないことにはそういう体験を味わえるかどうかわからないのだ。それを予知するカンを養う一番よい方法は、何と言っても、「読んでよかったなあ」と本当に自分が思った本を自分の周囲に置くこと、そして時々、それを取り出してパラパラ読み返すことなのである。その修練ができておれば、書店で立ち読みしただけで、ピーンと来るようになる。

 

個人的には、何でもかんでも書店で新品で買っているとお金が足りなくなってしまうので、まずは図書館で借りればいいと思ってます。

ただ、私の場合、図書館で借りた本でも「まじでこれはいい」という本は大体、そのあと購入したりします。

あと、電子書籍で買っていた本でも、そのあとやっぱり紙の本で買うことも。

ふと本棚を眺めてパラパラ読むという意味では、やはり紙の本が良いんじゃないかなと。

 

こんな感じで、『知的生活の方法』という本は、生涯を楽しく学び続けるための考え方が詰め込まれている一冊です。

ここでは省いていますが、なによりも著者の渡部先生の経験談が抜群におもしろいし、やはり頭がいい人なので、文章が非情に読みやすいんですよね。

たぶんこれは数年おきに読み返す本になると思います。

 

後記

私は読みたいなーという本が見つかった場合、とりあえずAmazonのほしいものリストに打ち込んで時々チェックし、気まぐれで購入したりするのですが、なぜか高橋源一郎さんの『ジョン・レノン対火星人』が入っていて読んでみたのですが、サッパリ意味がわかりませんでした。

 

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)

 

 

私にはまだレベルが高すぎる本だったようです。

 

 

今回はこんなところで。

それでは、お粗末さまでした。

 

『コンサル一年目が学ぶこと』のレビューなのか

f:id:Ada_bana:20200514122416j:plain


「知っている」と「理解している」ことは別物であるというのは、聞いたことがある人が多いと思います。

「理解している」を「腹落ちする」に変換してもいいかもしれません。

つまり、実感を持って納得できたかどうか、ということです。

 

今回紹介するこの本は、じつはそんなにすごくいい本というわけではありません。

コンサル一年目が学ぶこと

コンサル一年目が学ぶこと

  • 作者:大石 哲之
  • 発売日: 2014/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

もちろん、悪い本ではありません。

マッキンゼーとかBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)などのコンサルタントというのは新人でも高給取りとされていて、「考えるプロ」「問題解決のプロ」だと認識されています。

そうしたコンサル会社に入った人が、どうやって「考え方の考え方」を学ぶのかということを、サックリわかりやすく説明してくれる本です。

 

本書で私が好意的に受け止めたのは、問題解決のための基礎の基礎とも言える「ロジックツリー」の部分で、次のような非常に率直な書き方をしているところです。

 

わたしはロジカルシンキングの本も書いているので、こういうことを言うのは憚られますが、読者のみなさんのために、最後に、正直に書いておこうと思います。

課題を漏れなく、ダブりなく分解したり、意味のあるロジックツリーをつくるには、適切な指導者が必要です。勉強会などで、若手社会人同士でロジックツリーのトレーニングをし合っている場面を見ることがありますが、あまり成果が上がっているようには見えません。

この手のトレーニングの問題は、ロジックをつくっている張本人は、自分で間違いに気づくことができないことです。結局、ツリーの問題点や論理のミスは、すでにそれができるようになっている人が指摘してあげないと、何がどう間違っているのかがわかりません。

「ロジックツリーをつくる練習をする際の注意点」を、ロジックツリーを使って論理的に整理してみると、「自分一人のトレーニングには限界がある」というところがもっともクリティカル(重大)な論点になってしまうのです。これは、大きな矛盾です。

 

この部分、はっきり言えば「それを言っちゃおしまい」な文章なのですが、要するに、この本を読んでロジックツリーについて「知る」ことができても、それを正しく実践して成果を上げることはできないんですよ、とぶっちゃけてしまっているわけですね。

でもこれは誠実な書き方だと思います。

そんなこと、教えてくれない本のほうが圧倒的に多いわけですから。

 

ただ、じゃあ「考え方の考え方」「問題解決能力」を高めるためにこの本がおすすめできるかと言うと、そうでもないのが悩ましいところです。

コンサルティング会社の人が書いた本なんて星の数ほどあって、そのなかで敢えてこの本を選ぶ理由が、とくにないんですよね(非情な言い方ですが)。

幸いというか、本書はKindle Unlimitedの対象作品なので、会員の方は無料で読むことができます。

もしKindle Unlimited会員なら読んでも時間の無駄になることはないでしょう。

(ちなみに、私はライトなビジネス書の場合は極力時間を書けないで読むように意識しています。具体的には1冊に1時間以上かけないようにしています)

 

で、ここからが本題。

私がこの本を読んで、すごく腹落ちしたことが1つあります。

それが「雲・雨・傘提案」です。

これはロジカルシンキング系の本であれば頻繁に出てくる考え方なので、知っている人も多いと思います。

私も、本書を読む前からたびたび別の本などでこの考え方は読んだことがあり、知識としては備わっていました。

 

この「雲・雨・傘提案」というのは、どういうことかとういと、「事実・解釈・アクション」の区別をして、それをセットにして話をしましょう、ということです。

 

「空を見ると、雲が出ている」(事実)

「曇っているから、雨が降りそうだ」(解釈)

「雨が振りそうだから、傘を持っていこう」(アクション)

 

考え方としては非常にシンプルですよね。

ただ、私は本書を読んでこの箇所を読んだとき、なぜかはまったくわからないのですが、すごく腹落ちした感触があったのです。

別に、本書での書き方が特別優れていたというわけではありません。

ただ、知識として保有していたこの「雲・雨・傘提案」をいま、この年齢になって改めて読んでみると、この考え方の意味するところがやっとわかったという感覚です。

 

私が腹落ちした結果として感じたのは

結局、すべては「事実」がベースにないといけない

ということです。

こうやって文章にすると呆れるくらい当たり前のことなんですが、じつはこれができていない人はすごく多いんじゃないかと思うのです。

 

この「事実」の重要性を認識したとき、私のなかでピコンと浮かんだのが「考える=調べる(事実集め)」という図式です。

結局のところ、「考えが足りない」というのは「調べ(事実)が足りない」ということなのではないか、という発想が思い浮かんだのです。

別の言い方をすれば「インプット不足」ですね。

これは人によると思うのですが、たとえば私は書籍の企画を考えるとき、わりと「思いつき」が出発点となることが多いです。

つまり、「帰納法」が思考の癖としてあるということですね。

そのため、思いつき(=仮説)が正しいかどうかを、そのあとに事実集めをして補強していくことになります。

 

「雲・雨・傘提案」でいうと、渡しの場合、「傘を持っていく」というアクションをまず先に思いついてしまうので、そのあとで「傘を持っていくべき理由」を考える感じです。

「傘を持っていくべきです」と提案してそれを相手(上司や著者など)に受け入れてもらうためには、理屈(解釈)をつけないといけません。

その理屈のベースになるものこそが「事実」なのです。

……と文章で書くとやっぱり当たり前過ぎてアホらしくなる自分もいるのですが、自分の思考の道筋が可視化されたのは大きな収穫でした。

 

難しいのは、だからといってこの本を読んだ人が私と同じような収穫を得られるかどうかはわからないところなんですよね。

たとえば、そもそも「雲・雨・傘提案」のことを知らなかった人が本書を読んで初めて知ったとしても、私のような気づきは得られないと思います。

また、そもそも帰納法的な考え方ではなく、演繹的に物事を考える癖のある人も同様です。

 

ここが本の良し悪しを判断する上での難しいポイントで、本の価値は結局のところ、読者次第だということです。

よく、ベストセラーのAmazonレビューを見ると「当たり前のことしか書かれていない」などという意見が散見されますが、この「当たり前」というのは主観に基づいたもので、なにを「当たり前」と感じるかは人それぞれです。

 

私は編集者として本をつくる側の人間ですが、実用書の編集者の仕事の大きな部分というのは、この「読者のレベルのチューニング」にあるのかもしれません。

この本を読んでほしい読者のレベルを考え、「未知の情報」と「既知の情報」をふるいにかけて、なにをどのくらい説明するかを調整するわけです。

ベストセラーとなる実用書は、そのレベルのチューニングが絶妙です。

つまり、本の中身が、世の中の大多数の人々の知識レベル±αの範囲にうまいこと収まっているわけです。

(そしてベストセラーは本をよく読む人からすれば少し「低いレベル」に設定されていることが多いから、上記のようなレビューが多く見られるのではないかと)

この「世の中の大多数人の知識レベル」を推し量るために必要なものも、また事実をベースにした解釈となります。

 

いろいろな方面に話を広げて書きなぐりましたが、コンサルにしろ編集にしろ、それ以外のすべての職業でも、仕事の本質はきっと「考えること」にあるのでしょう。

AIやロボティクスの普及で人間が単純作業をやることの価値がゼロになるだろう現代において、付加価値を生み出すのは「考えること」なのです。

別に読むのはこの本じゃなくてもいいですが、「考え方の考え方」については、どんな人でも読んでおいて損ではないのではないかと感じました。

 

後記

Netflixに再加入して「攻殻機動隊SAC 2045」を観ました。

www.ghostintheshell-sac2045.jp

 

今回はタイトルの通り2045年が舞台で、世界同時デフォルトを経て「サステナブル・ウォー」という名称で、計画的な戦争が産業として認められている世界で、「ポスト・ヒューマン」という”新人類”が登場するという物語です。

ポスト・ヒューマンといえば、シンギュラリティの大家であるレイ・カーツワイルの著作が有名ですね。

 

 

人工知能が人間を超越するシンギュラリティの予感もある現代において、取り上げられるべくして取り上げられたテーマなのかもしれません。

とりあえず現在視聴できるところまでは視聴しましたが、すごく途中で終わってしまいます。

なので、一回解約しました。

興味がある人は、全話公開されてから登録して視聴したほうがいいかもしれませんね。

 

今回はこんなところで。

それでは、お粗末さまでした。