本で死ぬ ver2.0

基本的には本の話。でもたまに別の話。

歴史

『歎異抄』 2016年4月 (100分 de 名著)のレビュー~善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや~

何かの本で本エントリーのタイトルを読み、これが『歎異抄』のなかの言葉であると知り、そういえば読んだことがないなぁと思った。

『ジャンヌ・ダルクまたはロメ』のレビュー~王道冒険譚『エッセ・エス』がおもしろい~

おとといの記事で、私はSchickハイドロ5のことをボロクソに書いたが、私は大きな間違い……というか見落としをしていたことに気付いた。

『すらすら読める方丈記』のレビュー~鴨長明は達観していたのか問題~

鴨長明 (菊池容斎画、明治時代) 行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。 よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。 鴨長明 方丈記より ※本エントリーは6,000字くらい…

伊達政宗について勉強することを強いられてるんだ

今度、付き合っている恋人のご両親のところにご挨拶に行くことになった。

『モンスターの歴史』のレビュー~時代によって変わる「怪物」~

『空の境界』のなかで登場人物のひとり、蒼崎橙子さんは「怪物の条件」というものを3つ挙げている。(マメ知識:徒花は好きなキャラクターは「さん」付けで呼ぶ)

『奇想の画家たち』のレビュー~西洋美術界の奇人変人~

みなさん、美術は好きですか?

妖艶な幽霊画絢爛~「うらめしや~、冥途のみやげ」展に行ってきたヨ!~

先日、所要があり、下北沢にある本屋B&Bに行ってきた。