読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本で死ぬ

基本的には本の話。でもたまに別の話。

ルー・大柴がビジネスのトラブルにアンサーしてもナンセンスじゃないの

f:id:Ada_bana:20160621154732j:plain

ボイスでトゥギャザーしようぜ! LINEにルー大柴のボイススタンプが登場していて寝耳にウォーターすぎるぜ!! | Pouch[ポーチ]より拝借

こんなアーティクルをファインド・アウトしまして。

インデックス

そもそもトラブルは何かしらのメソッドでレゾリューションしてくれそうなパーソンにコンサルトするものであって、つまりビジネスのトラブルをスマッシュ・ライティングするのならビジネスでビッグ・サクセスをイン・ハンドしているパーソンとかにアスクするのがオーソドックスなわけだ。エンターテイナーに何かトラブルをスマッシュ・ライティングすることはソー・レア・アイディアではないが、エレメンタリーにシンクすれば「ネゴシエート・パワーのあるパーソン」がセレクトされる

厚切りジェイソン氏がアンサーしてグッドなリーズン

フォア・エグザンプル、レセントリーだと、Twitterでミスター・厚切りジェイソンがビジネスのトラブルにアンサーしたりしていたが、ヒーはコメディアンであるとセイム・タイムにテラスカイというITカンパニーのオフィサーも務めているので、そうしたビジネスのトラブルにアンサーできるバックボーンがあった。

また、ミスター・蛭子のライフ・コンサルトがア・リトル・アゴーにオン・ザ・トークになったりしたが、あのケースでは「ライフをファンにスペンドするにはホワット・トゥー・ドゥー」というのがテーマとしてセッティングされていた。そして、それがアチーブメントできているパーソンとして蛭子能収というヒューマンがセレクトされていたのだ。

リアル・ケースはどうなのかノー・アイディーアだが、アトリースト、ビサイド・アイからルックするとミスター・蛭子はトラブルがなく、ライフをファンにリビングしているようにキャン・ルックだから、クエスチョンへのアンサーにネゴシエート・パワーをハブしていたのである。

ミスター・大柴がビジネスにアンサーして説得力はあるのか

で、コンサーンしたのは、それとコンペアーして、果たしてミスター・大柴がこのようにビジネスのアドバイスをして、それにどれだけのネゴシエート・パワーをハブしているのだろうか? ということである。そもそも、よくシンクすれば、ユーズレス・フラワー(ミー)はヒーのプロフィールなどをアット・オール知らないのであった。ということで、リサーチしてみた。

こちらのサイトによると、ミスター・大柴はプリンティング・カンパニーのソンとしてバースしたらしく、ファミリーはソー・リッチなようだ。リアル・ネームは大柴亨(とおる)で、末尾の「る」をエクステンドしたのがステージ・ネームの由来。ハイ・スクールをグラデュエートしたアフターは「マイセルフ・サーチ」のためにヨーロッパ放浪のジャーニーにディパーチャーしたという。

ジャパンにバックしたアフター、ワンスはファーザーがマネジメントするプリンティング・カンパニーにエンターしたが、すぐリタイアしてアクト・三橋達也のアテンダントとなり、エンターテイメント・ワールドにレッグをイン・ステップした。アフター、アクトとしてデビューしたものの、そっちのエリアではあまりブルーミング・フラワーしなかった(とはいっても、ヒーセルフのアクト志向はストロングなようで、ブレイクしたアフターもステージ・アクト・アクティブをエネルギッシュにプレイしたりしている)

ミスター・大柴のブレイクはパスト・ツー・タイム

ミスター・大柴が本格的にブレイクしたのはツー・タイムある。ファースト・タイムがアデランスのCMでバースした「トゥギャザーしようぜ!!」がトレンドした1992年。セイム・イヤーには「モスト・アクティビング・エンターテイナー」にギフトされるゴールデン・アロー・アワードをゲットしている。

セカンド・タイムは2000年代レイター・ハーフ。ブログをスタートさせたミスター・大柴がテキストでも「ルー・ランゲージ」をエクスプロージョンさせていたことがヤング・ウーマンたちにノーティスされ、ここでザ・セカンド・ルー・ランゲージ・ブームがアウトブレイクしたのである(「ルー・ランゲージ」というワード自体がバースしたのはディス・タイム)。かつては「トギャザーしようぜ!!」だけだったが、ディス・タイムでサム・ワードをサムウェアーイングリッシュにしたスピーキング・メソッドがコンプリートしたわけだ。

ちなみに、オリジナル・ルー・ランゲージはライク・ディス。

ジ・アザー・デイ(先日)、藪からスティックビックリマークにファーストサンから、『ヤクルトvsソフトバンクのチケットをゲットしたから、ルックしない音符』とセイ(言う)されサプライズびっくり
しかも、『ガールフレンドとそのフレンド(女性)もトゥギャザーする』とのことウインク
そんなヤング達の集いに、62イヤーズになる私がアスク(誘う)されるなんて、なかなかハッピーだなニコニコとシンクしながら、枝豆、唐揚げ、焼そば、缶ビールをバイして神宮スタジアムにIN

2016-06-18の記事を抜粋

ルー大柴オフィシャルブログ『TOGETHER』 -2ページ目

さすが、ア・リトル、アンダースタンするのがトゥー・ハードなポイントにはカッコ・ライティングをしてくれるところがなんともカインドネス

リザルト

ストーリーがアウト・オブ・ラインしたが、ソー・イージーにセイすると、ミスター・大柴は「ステージ・アクター」である。そして、そもそもミーがミスター・大柴についてリサーチしたリーズンは「ミスター・大柴がビジネスのビジネスにアンサーしてネゴシエイト・パワーがあるのか?」というクエスチョンがフロートしたからだが、リザルト的に「ノー・ハブ」というコンクルージョン(イン・マイセルフでは)リーチした。

オフ・コース、ミスター・大柴自身はペアレンツがグッバイ・マリッジしたり、カンパニーをスーン・リタイアしてヒーセルフのワント・ロードにゴーするディサイド・マインドをしたり、アクト志望なのになかなかブルーミング・フラワーしなかったりと、バリアス・トラブルをエクスペリエンスしてナウに至っているわけだから、ヤング・マンにアドバイスできることはあるだろう。

しかし、あえてヒーにビジネスのトラブルをアンサーしてもらうスペシャルなメリットはディスカバーできなかった。っていうか、ルー・ランゲージのせいでなんかグッドなことがライティングされていても、コンテンツがノット・アット・オール、ブレインにエンターしてこない。

バット、ブログのライティングをルックしてもアンダースタンできるように、ヒーセルフはベリーカインドネスなジェントルマンなので、たとえビジネスのトラブルにアンサーするだけのネゴシエート・パワーがナッシングだったとしても、それはミスター・大柴がバッドなわけではない。ちょっとプランナーがプッシーだったのだ。

おわりに

なお、さすがインターネットにはオートマティックにルー・ランゲージにトランスレーションしてくれるコンビニエントなサイトがあるようだが、このエントリーではマイセルフでルー・ランゲージにトランスレーションしてメイク・アップしたものである。

※リファレンス・ページ

ルー大柴 - アンサイクロペディア

ディス・タイムはこんなところで。

お粗末さまでした。