読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本で死ぬ

基本的には本の話。でもたまに別の話。

Amazonの対応が思ったよりも悪くなかった件

f:id:Ada_bana:20150626140714j:plain

徒花は本を購入するとき、これまではリアル書店派だった。というのも、「コレがほしい」という明確な目的を持たずに書架の間をぶ~らぶらし、目に付いた面白そうな本を無秩序に買いあさる方法をとっていたからだ。ちなみに、Amazonのロゴのオレンジの矢印はaからzにつながっていて、「すべてのものを取り扱っている」というメッセージとなっている。

 

しかし、最近はもっぱらAmazon一辺倒である。

その要因のひとつに、以前より読む冊数が増えてきたことが私の財務(おサイフ)状況を圧迫していることがある。たとえば単行本1冊1,500円の本が、Amazonで中古を探せば500円以内に収められることがざらにあるのだ。同じ金額で3冊読めるのなら、こちらのほうが断然イイ!(・∀・) しかも、私は宅配というのは玄関で手渡しで受け取らなければならないものだとばっかり思っていたのだが、私の住んでいるマンションの小さい宅配ボックスにもちゃんと入れてくれる。つまり、受け取りがとってもラクチンだということを知ってしまったのである。おかげで当初は調子に乗って買いまくったが、最近はセーブしている。

とはいえ、まったく葛藤がないわけではない。中古の本を買うということは出版社に一円も入らないということであり、出版社に勤めている私にとっては、さながら自分で自分の首を絞めているようなものだAmazonで購入しても、新品だったら出版社にはお金が入る)。さらに、とどまるところを知らないリアル書店の閉店の流れを手伝っているのと同義である。

しかし、しょーがないじゃん! そっちのほうが安くて便利なんだから。

実際問題、消費者目線に立てば、明らかにAmazonを利用したほうが便益が大きい。たしかに、私は書店という空間が好きなのでどんどん減っていくことにわびしさがあるが、それはそれ、コレはコレ。ましてや出版社や書店の利益なんか歯牙にもかけない一般ぴーぽーがどのように考え、行動するのかを思うと、いまさらながらリアル書店が減っていくのは仕方がないことだなぁと改めて感じた次第なのである。

私が体験したAmazonのクレーム対応

とはいえ、だからといって手放しで「Amazonマンセー(∩・ω・)∩」とはいっていられない。というのも先日、私はAmazonに登録しているクレジットカードの請求明細を見て、びっくりしてしまったからだ。そこには「アマゾンプライムネンカイヒ」という、なんだか聞きなれない項目があり、3,900円という少なからぬ金額が請求されていたからだ。「(ノ゚ρ゚)ノなんじゃこりゃ!」ということで、私はまず自分で「Amazonプライム」なるものについて調べた。

f:id:Ada_bana:20150630225355j:plainAmazonプライムについてはここのページで確認してもらうのが一番いいのだが、端的に言うと、年間3,900円を払えば「お急ぎ便」や「Kindleオーナー ライブラリー」などのサービスが受けられ、いろいろ特典もあるよーというものである*1。そしてここが厄介なのだが、いわゆるWebのほかのサービスによくあるように、このAmazonプライムは申し込みから最初の一ヶ月間は無料で利用でき、2ヶ月目に入ると自動的に継続されてしまうのだ。私はHuluでミスって、利用料金を払わざるを得なかった経験がある。

というわけで、私は早速自分のAmazonアカウントページから、果たして自分がAmazonプライムに申し込んでしまっていたのかを確認した(これはアカウントサービスページの「アカウント設定」→「Amazonプライム会員情報を管理する」から確認可能だ)。すると、どう見ても私はAmazonプライムには登録していないのである。「登録もしていないのに請求が来るとはどうしたことか!(#^ω^)」と怒り心頭に発した私はすぐさまAmazonカスタマーサービスにクレームをたたきつけることを決意した。

f:id:Ada_bana:20150630230136j:plainAmazonのカスタマーサービスに連絡する方法は3つある。「電話」「メール」「チャット」だ。まず電話は論外である。待たされる可能性が高いし、なによりムダな電話代をとられるからだ。メールも、いつごろ返事が来るのか分かったものではない。というわけで、私は一番レスポンスが早く、カネもかからなそうな「チャット」を選択した。また、こうした相談をチャットで行うのは初めてだったため、どんな感じなのかを試してみたかったのだ。

選択するとすぐに別のウィンドウが開き、Amazonの担当者とチャットができる。しかも、チャットが終わった後、そのやりとりをそのまま登録しているメールアドレスに児童送信してくれるサービスもあるので、内容もキッチリ保管できるのが便利だ。私の相手をしてくれたのはOさんという女性だった*2

実際に使ってみると、相手の返信もすばやく、ほとんどストレスを感じない。とりあえず私は現状の問題点を端的かつジェントルに伝えたが、すると、Oさんは「あなたに3,900円を請求した記録がない」とのたまったのだ。「んなはずあるか! こっちはちゃんとスマホでクレカの明細を見たんだから、来ているもんは来てる!(#`皿´)」と思った私はいよいよ怒りをストレートにぶつけようかとキーボードを壊す勢いでたたき始めたが、そのとき、チャットで追加のメッセージが来た。

「ほかに登録しているアカウントはありませんか?」

(´°ω°`)あ

そういわれれば、私はほかにもAmazonのアカウントを持っている。ただ、しばらくログインしていないし、そのアカウントで商品を購入した記憶もなかったので、完全にその存在を忘れていたのだ。私はすぐにいったんAmazonからログアウトし、思い当たるもうひとつのアカウントでログインしてすぐにアカウント情報を確認した。すると、――なんとそっちはプライム会員になっていたのである! 登録しているクレジットカードは同じだったので、どうやらこっちのアカウントのプライム会員の料金が請求されていたのだと判明した瞬間だった。

その後、すぐにそちらのプライム会員登録を取り消したところ、チャットの相手もそれを確認し、後日に3,900円全額を返金することを伝えてくれた(プライム専用のサービスを利用していると全額ではなく一部返金になる場合もあるそうだが、私の場合はまったくサービスを利用していなかったので全額返金と相成った)。これで私の問題は解決し、一件落着となったのである。慌てて怒りMAXのチャット文章を送らなくて良かった(○´ω`○)ゞ

Amazonカスタマーサービスというと機械的・アメリカ的であまり質が良くないという話も聞くが、すくなくとも私が受けたものについてはそのような感想は持たなかった。もちろん、プライム会員料金が発生する際にメールの一通でも送れよといいたいところだが*3、そこまで相手に求め、信頼できるように「させる」ものでもないだろう。ただ、もしかするとプライム会員料金が取られてしまったことを諦めていたり、そもそも自分のクレジットカードから請求されていたことに気づいていない人もいるかもしれないので、いくばくかの注意喚起になれば幸いである。案外、簡単に返金してくれるしね。

それでは、お粗末さまでした。

 

追記:「Amazon」と「amazon」はどっちが正しいのだろうか。URLなどは「Amazon」となっているのだが、ロゴマークは「amazon」で作られている。ちょっと気になるところである。

追記2:このエントリーの流れを顔文字だけで表現するとおもしろい

(・∀・) → (∩・ω・)∩ → (ノ゚ρ゚)ノ →(#^ω^)→ (#`皿´) → (´°ω°`) → (○´ω`○)ゞ

*1:正直、これらのサービスを利用するために毎年3,900円も払うサービスを利用する人なんかいるのだろうかというのは疑問だが、それは今回の趣旨から外れるのでこれ以上は語らない。

*2:べつにチャットだから相手の性別は分からないのだが、私は勝手に女性だと思って相手をした。私が想像したのは麻生久美子みたいなお姉さんである。

*3:自分でメールが届くように設定しないと、こうしたお知らせメールは送ってくれない