読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本で死ぬ

基本的には本の話。でもたまに別の話。

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』を読んで「自分のことしか考えられない自分」から脱却する

ナゾノクサかわゆす

初めて黒澤明監督作品を見るなら『七人の侍』より『乱』のほうがいいんじゃないか

じつはワタクシ、映画を割と見る割に黒澤明監督の作品をひとつも見たことがなくてですね。

私は2週間ブログを更新しなかった……肉眼ではね~『〆切本』のレビュー~

2週間ぶり以上のブログ更新である。

『奴隷のしつけ方』のレビュー~現代にも、奴隷の人と、そうじゃない人がいる~

たいていの苦悩が、一晩寝ると収まる徒花です。ちなみに、今回も長い。

『体育館の殺人』を読んで、「読者への挑戦状」を考える

高校生時代は帰宅部だった徒花です。

『へんなねえさん』はKindle Unlimitedの優良発掘マンガだった

こち亀こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が終わるそうで。

『一瞬の永遠を、きみと』を読んで「君」という呼称について考える

ファーストキスは小4の徒花です。ウソじゃないよ!

『人生がときめく片づけの魔法』は片付けの本だけど片付けの本じゃなかった

片付けも超絶苦手な徒花です。でもモノは少ないはず。しかも最近は本も、極力買わないようにしている。Kindleと図書館マンセー。

『バーナード嬢曰く。』で読み解く読書家の習性

じつは古典的な名作をあんまり読んでいない徒花です。

青臭い……でもそれが大切なんだ~『いなくなれ、群青』のレビュー

昔は紫色が好きだったけど、その後は黄色が好きになり、最近は緑色が好きな徒花です。青が好きになったことは、ないなぁ。

『老人Z』を見て、老後に一番必要なものを考える

そういえば最近は「老人」という言葉を聞かなくなったなぁと思った徒花です。

『見てる、知ってる、考えてる』を読んで義務教育を考える

子どもが苦手な徒花です。あとグリーンピースも。

そろそろ資産運用くらい始めとこうぜ~『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』~

東ハト 帰ってきた暴君ハバネロ 56g×12袋 出版社/メーカー: 東ハト メディア: 食品&飲料 購入: 5人 クリック: 4回 この商品を含むブログ (2件) を見る 20歳後半になってから、「辛すぎるものを食べると翌日お尻が火を噴く症候群」を発祥するようになり、『暴…

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』はおっぱいとお尻アニメだった

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』より おっぱいは「なくてもいいけど、ちょっとはあった方が……」な徒花です。

「やりたくない理由」探しをする人々~『サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣』のレビュー~

フクロウとミミズクの違いはハッキリしない。ただ、一般的には「羽角(耳羽)があるのがミミズク」とされる。

『邪馬台国はどこですか』を読んだら期待を裏切られた

パクチーが食べられない徒花です。

中小企業で働く人は幸せだ~『魂の退社』~

原稿に赤字を入れるときに使っているのはZEBURAの「SARASA CLIP」0.5mmです。滑らかな書き心地で、しかも、適当なコンビニに行けば置いてあることが多いマーベラスな一品。 ゼブラ サラサクリップ0.5?赤?JJ15-R 出版社/メーカー: ゼブラ メディア: オフィス…

あなたの書くことに、だれも興味はない~『広告コピーってこう書くんだ!読本』~

コカ・コーラよりペプシ派の徒花です。ダイエットコーラ、好きだったんだけどな。。ちなみに今回はメチャクチャ長いので読み上げ動画を作ってみた。

『シン・ゴジラ』を観たら『インデペンデンス・デイ』を思い出した

映画『シン・ゴジラ』公式サイトより じつはゴジラよりガメラのほうが好きだったりする徒花です。『レギオン襲来』、いいよね。 ガメラ2 レギオン襲来 デジタル・リマスター版 [DVD] 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2010/07/23 メディア: DVD 購入: 3人 …

『伏 鉄砲娘の捕物帳』がよくわからなかったぞ

理解力はあるほうだと自負している…………徒花です。

10秒で幸せになる方法~『うまくいっている人の考え方』のレビュー~

あなたがいま「幸せ」かどうかは、簡単にチェックできる。(今回のエントリーは動画にもまとめてみた↓)

『生き方』(稲盛和夫)を読んでも、どうかみんな実践しないでおくれ

「野球は筋書きのないドラマである」という名言を残したのは三原脩氏だが、個人的には筋書きのあるドラマのほうが好きな徒花です。

編集者の生態~『編集者という病い』のレビュー~

書店に行くと憂鬱になる徒花です。ビジネス書とか実用書の平台を見ていると、「世の中にはこんなに売れている本がたくさんある。なぜ自分が作った本はここに置かれていないのだろう……」などという考えが去来し、テンションがダダ下がりする。(今回は長いで…

「犯人当て」で驚ける不屈の名作!~『Yの悲劇』のレビュー~

どうしても蒙古タンメン中本のカップラーメン*1が食べたくなって、ちょっと歩くセブンイレブンに暑い中赴いてみたら「店舗改装のため11月まで休業」となっていたのが、ここ最近で一番ショッキングな出来事だった徒花です。この店舗改装のウラになにか思惑を…

『ハイ・コンセプト』のレビューを書いていたら天狗の仕業になったでござる

たまにランナーズ・ハイならぬ「リーダーズ・ハイ」になる徒花です。あと、ときどき「ライターズ・ハイ」にもなる。 ちなみに、「ワーカーズ・ハイ」にもなりやすい。

エログロでなにがわるい~『最後の喫煙者』のレビュー~

先日、両国で開催されている『大妖怪展』に行って来たからそのレビューをブログに書こうと思ったけど、その日は体調がMAX悪くて、思い返すとなにも印象に残ったことがないので、この件についてなにも書くことがない徒花です。

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』のレビュー~前日譚という妖精の粉では、しょせん空を飛べなかったのだろうかと考える~

映画『PAN ネバーランド、夢のはじまり』オフィシャルサイトより 反抗期がなかった徒花です(母親談)。

『赤に捧げる殺意』のレビュー~単なる備忘録として~

耳垢はドライな体質の徒花です。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の最大のミス

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅|映画|ディズニー|Disney.jp |より 映画館では基本的にポップコーンもジュースも口にしない徒花です。

僕たちは探偵をなぜか信用してしまうんだ~『メルカトルと美袋のための殺人』のレビュー~

最近毎晩、寝る前にLG21を食べるのが習慣化している徒花です。 もくじ タイトルからして挑発的 外道探偵・メルカトル 探偵は本当に真実を語っているのか? 各話紹介 『遠くで瑠璃鳥の啼く声が聞こえる』 『化粧した男の冒険』 『小人閑居為不善』 『水難』 …

健康ってすげえ~『困ってるひと』のレビュー~

ネコよりイヌ派の徒花です。

『禁煙セラピー』が効果がある理由(ワケ)~徒花氏、禁煙について語る~

正直、このレビューは果たして書いていいものかと、私は悩んだ。しかし、やはり湧き上がる「書きてえなぁ」という思いを抑え込むことは至難の業であり、束の間の懊悩は春の霞のごとく、それはもう鮮やかにかき消えてしまったため、私は嬉々として筆を執った…

登場人物の9割がクズ!~『デブを捨てに』のレビュー~

ザリッとした舌触りで背中が粟立つから、木製のスプーンでアイスを食べるのが苦手な徒花です。

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』のレビュー

ポケモンGOをインストールしようとしたら「お使いの端末はこのバージョンに対応していません。」という非情すぎるメッセージが表示されたことでこの世に絶望し、道端で遊んでいる人を見かけるとこっそり「(スマホよ)爆発しろ!」と呪いをかけるなどすっか…

『水滸伝』を読んでみたらとんでもない話だったでござる

パトカーには一度だけ乗ったことがある徒花です。

だれが犯人を殺したのか?~『スフィアの死天使: 天久鷹央の事件カルテ』のレビュー~

注射が大嫌いなので、いままで一度も献血に行ったことがない徒花です。採血も昨年、生まれて初めてやった。血を抜くとか、こわすぎる。。。

とりあえず耳を揉もうぜ~『無意識はいつも正しい』のレビュー~

耳たぶが異様にちっちゃいので、今人生ではお金持ちになれないのかなぁと絶望している徒花です。

書かない美学~『境界線上のホライゾン』のレビュー~

週に平均2日くらいの割合で頭痛が起こる徒花です。しぬ

『数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。』のレビュー

本を買うとすぐに帯やしおりを捨てる徒花です。

『夜は短し歩けよ乙女』のレビューを書こうとしたら森見氏の魅力がわかったような気がしたぞ

飲食店でジンジャーエールを頼んだとき、カナダドライではなくウィルキンソンの辛口が出てくるとちょっとテンションが高くなる徒花です。 アサヒ飲料 ウィルキンソン ジンジャエール 500ml×24本 出版社/メーカー: アサヒ飲料 発売日: 2012/03/27 メディア: …

『海賊とよばれた男』を読むならいまがベストタイミングだぜ!

和菓子は断然つぶあん派の徒花です。

Audibleのメリット、デメリットと所感

オーディオブックというものがあってだな。

『鬼谷子』で他人をコントロールする極意を学ぶ

パイナップル入り酢豚は断然アリ派の徒花です。(ハワイアンデライトも大好き)

『セパレート思考』ほかのレビュー~ストレスが消える魔法の呪文~

ウォシュレットはかならず「最弱」になっているか確認してから使う徒花です。

『議論のレッスン』を読んで日本人の口癖「やっぱり」の正体を考える

最近、家の帰り道でみかける猫に子どもが生まれているのを発見してひそかにほっこりしている徒花です。

『亜愛一郎の狼狽』のレビュー~切れ味鋭いコミカルミステリ短編集~

小説のなかの名探偵に奇人・変人が多いのはなぜなのだろうか??

浦島太郎が救った亀はメスらしい~超水族館ナイト2016夏のレビュー~

先日、こちらのイベントに行ってきた。

ルー・大柴がビジネスのトラブルにアンサーしてもナンセンスじゃないの

ボイスでトゥギャザーしようぜ! LINEにルー大柴のボイススタンプが登場していて寝耳にウォーターすぎるぜ!! | Pouch[ポーチ]より拝借 こんなアーティクルをファインド・アウトしまして。 なんというかまぁ、説得力のない人生相談だなぁ仕事の悩みは「ラビ…

『歎異抄』 2016年4月 (100分 de 名著)のレビュー~善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや~

何かの本で本エントリーのタイトルを読み、これが『歎異抄』のなかの言葉であると知り、そういえば読んだことがないなぁと思った。

『アメリカの老富豪が贈る超・処世訓』のレビューじゃない

私は基本的に自分がおもしろいと思った本しかこのブログでは紹介しないようにしている。