本で死ぬ

基本的には本の話。でもたまに別の話。

ファンタジー

北欧神話の主要キャラ紹介~『いちばんわかりやすい 北欧神話』のレビューか?~

今回紹介するのはこちら。 いちばんわかりやすい 北欧神話 (じっぴコンパクト新書) 作者: 杉原梨江子 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2015/07/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 聖樹・巨樹研究家で、あり、エッセイストでもある著…

映画4本のレビュー~『ゴーストバスターズ』『キング・オブ・エジプト』『シャッターアイランド』『リリーのすべて』

週末にまとめて4本、映画を見たので、ザザッとレビュー。

す年末年始はとりあえずこの本を読んどけ10選 2016年版(小説編)

年の瀬も近づく今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

『ローグ・ワン』に期待しすぎてはいけないのだ

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー|ローグワン|映画|スター・ウォーズ|STAR WARS|より さて公開されたばかりのこちら、さっそく見てきた。

『イバラード物語』を読んで「魔法」について考える

『Fantôme』買ってしまった徒花です。 宇多田ヒカルのこれまでの曲だと、『嘘みたいなI Love You』と『Letters』が好き。

青臭い……でもそれが大切なんだ~『いなくなれ、群青』のレビュー

昔は紫色が好きだったけど、その後は黄色が好きになり、最近は緑色が好きな徒花です。青が好きになったことは、ないなぁ。

「やりたくない理由」探しをする人々~『サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣』のレビュー~

フクロウとミミズクの違いはハッキリしない。ただ、一般的には「羽角(耳羽)があるのがミミズク」とされる。

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』のレビュー~前日譚という妖精の粉では、しょせん空を飛べなかったのだろうかと考える~

映画『PAN ネバーランド、夢のはじまり』オフィシャルサイトより 反抗期がなかった徒花です(母親談)。

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の最大のミス

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅|映画|ディズニー|Disney.jp |より 映画館では基本的にポップコーンもジュースも口にしない徒花です。

書かない美学~『境界線上のホライゾン』のレビュー~

週に平均2日くらいの割合で頭痛が起こる徒花です。しぬ

『夜は短し歩けよ乙女』のレビューを書こうとしたら森見氏の魅力がわかったような気がしたぞ

飲食店でジンジャーエールを頼んだとき、カナダドライではなくウィルキンソンの辛口が出てくるとちょっとテンションが高くなる徒花です。 アサヒ飲料 ウィルキンソン ジンジャエール 500ml×24本 出版社/メーカー: アサヒ飲料 発売日: 2012/03/27 メディア: …

『ロブスター』のレビュー~5月病になりそうだったらレイトショーに行こう~

久しぶりにミニシアターのレイトショーに行ってきた。

『キノの旅』のレビュー~「当てがない」ということは~

「旅」と「旅行」の違いはなんだろう?

『ブルーバレンタイン』とほか2本のレビュー~結婚願望がみるみる失せる映画~

とある友人に「彼女を作るにはどうしたらいいか?」と相談を受けた。